サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 唯一完走率100%のメルセデス。レッドブルやフェラーリにリタイア続くも「現状に満足してはいけない」と油断なし

ここから本文です
 F1 2022年シーズンはカナダGPで22戦中9戦を消化。そんな中で唯一メルセデスは完走率100%と高い信頼性を誇示しているが、その記録に満足してはいけないとチーム代表のトト・ウルフは言う。

 トップ2強のレッドブルとフェラーリがそれぞれに信頼性トラブルが続く一方で、メルセデスはバウンシング問題の解消に苦戦し続けながらも、リタイアがないことで着実にポイントを稼ぎ現時点でコンストラクターズランキング2番手のフェラーリから40ポイント差の3番手に並んでいる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン