サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「運行管理者は足りている」9割が回答、運送業界と国交省に認識のズレ

ここから本文です
アルコール検知器など開発・販売の東海電子は、同社開催の運輸事業者向けセミナー参加者を対象としたアンケートを実施。運行管理者の人手不足が問題となっているが、実際に不足していると感じている事業者は1割のみであることがわかった。

調査結果によると、自動車運送事業者そして運行管理者の義務となる点呼の実施率については76%が「95~100%」と回答。離れた場所から点呼が可能なIT点呼により高い実施率を実現しているようだ。IT点呼で使用するアルコール検知器のタイプについては、67%が「PCやクラウドを使った記録型」と回答。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン