サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フォーミュラEモナコePrix予選:ダ・コスタ、“F1レイアウト”のモナコでポール獲得。日産ローランドはタイム抹消6番手

ここから本文です

 フォーミュラE第7戦モナコePrixの予選が行なわれ、アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(DSテチータ)がポールポジションを獲得した。

 レイアウトが変更され、初めてF1と“ほぼ”同じ形のコースによる開催となったフォーミュラEモナコePrix。サーキット上空は好天に恵まれ、気温19度、路面温度37度で予選が開始された。

■フォーミュラE第7戦モナコePrix、今年はF1とほぼ同じコースレイアウトに。追加でさらなる変更も

 予選ではグループ1のロビン・フラインス(ヴァージン)が1分31秒638のターゲットタイムを設定。これは後続のどのグループも超えることができなかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ