サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > V12エンジン搭載のサーキット専用車『ランボルギーニ・エッセンサSCV12』世界初公開

ここから本文です

 ランボルギーニは7月29日、同社のモータースポーツ部門であるスクアドラ・コルセが開発したレーシングトラック専用ハイパーカー、『エッサンサSCV12(Essenza SCV12)』を世界初公開した。

 自然吸気V12エンジンを搭載したマシンのダイナミックショットが公開されてから約ひと月後、イタリアのスーパーカーメーカーは最大出力830ps(約841ps)以上を発揮するマシンの詳細をリリースしている。

【動画】841馬力発揮のV12サウンドは必聴。ランボルギーニSCV12がポール・リカールを走行

 エッセンサSCV12は、ランボルギーニがこれまでに製造した中でもっともパワフルなV12エンジンを車両中央後部に搭載。

おすすめのニュース

サイトトップへ