サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ダイムラー、メルセデスF1撤退の噂を否定。「トト・ウルフと協力していく」

ここから本文です
 メルセデスは6年連続でダブルタイトルを獲得するなど、F1の歴史の中でも特に成功を収めている。しかし彼らのF1での契約は2020年までのものとなっており、ドイツでの報道によると彼らはワークスチームとしての関与を減らし、アストンマーチンへ株式を売却するのではないかと言われている。また現在チーム代表を務めるトト・ウルフもその役職を降り、かつてのニキ・ラウダのような社外取締役のような役割に就くことを決めたとも報じられている。

 しかしメルセデスの親会社であるダイムラーは、そうした報道を否定。ウルフと共にF1に留まる意向を強調している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン