サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ホンダ フリード モデューロX、「実効空力デバイス」で走りを深化

ここから本文です

ホンダは、コンパクトミニバン『フリード』のコンプリートカー「フリード・モデューロX」をマイナーチェンジし、5月29日より発売する。

今回のマイナーチェンジでは、熟練のエンジニアによる人の感覚を大切にした開発をさらに追求することで、上質でスポーティな走りを、さらに深化させた。

新開発のフロントエアロバンパーには設定された3つのフィン「実効空力デバイス」を設定。実効空力とは、モデューロXの開発スローガンに掲げてきた、日常使う速度域でも体感できる空力効果のこと。この実効空力デバイスにより空力性能を向上させ、走行性能をさらに高めている。

おすすめのニュース

サイトトップへ