サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > フォルクスワーゲングループは昨年、前年比で3倍となる23万1600台の電気自動車を販売

ここから本文です

フォルクスワーゲングループは昨年、前年比で3倍となる23万1600台の電気自動車を販売

フォルクスワーゲン グループは、2020年に世界中に930万5,400台以上の車両を届けた。新型コロナウイルス感染症の影響により、販売台数は前年比15.2%の減少。

12月の納車台数は、前年同月比わずか3.2%の減少に留まったが、第4四半期の数値は合計5.7%減少した。これは、市場全体が縮小する中で、フォルクスワーゲン グループが、2020年に全世界における乗用車の市場シェアをわずかに拡大したことを意味しているという。

最高水準の安全性能を追求!日本のユーザーの嗜好に合わせた装備などを充実させたメルセデス・ベンツのミニバン「V 220 d」

新型コロナウイルス感染症のパンデミックにもかかわらず、グループは、2020年に電動化攻勢による数多くの新型モデルを市場に導入して、2019年の約3倍に相当する、約23万1,600台の電気自動車を販売した。

プラグイン ハイブリッド車も高い人気を得て、19万500台(175%増)を販売することができた。西ヨーロッパにおいて、総販売台数に占める電動化モデルの割合は10.5%(2019年:1.9%)と、大幅に上昇した。

フォルクスワーゲン グループによる電気自動車の販売トップ5

– フォルクスワーゲン「ID.3(アイディ.3)」1 5万6,500台
– アウディ「e-tron(e-トロン)」 4万7,300台
– フォルクスワーゲン「e-Golf(e-ゴルフ)」2 4万1,300台
– フォルクスワーゲン「e-up!(e-アップ!)」3 2万2,200台
– ポルシェ「Taycan(タイカン)」 2万台

フォルクスワーゲン グループによるプラグイン ハイブリッド車の販売トップ5

– フォルクスワーゲン「Passat(パサート)」4 2万7,200台
– アウディ「Q5」 2万3,500台
– ポルシェ「Cayenne(カイエン)」5 2万1,500台
– シュコダ「Superb(サパーブ)」6 1万6,400台
– フォルクスワーゲン「Golf(ゴルフ)」 1万5,200台

2020年の各地域における販売台数は以下のとおり。

ヨーロッパでは、361万6,900台(前年比20.5%減)の車両が販売された。乗用車市場における市場シェアは、大幅に上昇。西ヨーロッパでは、293万9,900台(前年比21.6%減)のフォルクスワーゲン グループによる車両が納車された。西ヨーロッパでは電気自動車およびプラグイン ハイブリッド車が非常に高い人気を得て、総販売台数に占める割合が10.5%(2019年:1.9%)に上昇した。

グループのホームマーケットであるドイツでは、電動化モデルに対する需要がさらに高く、販売台数の11.6%(2019年:1.5%)を占めた。ドイツでは、すべての駆動システムの車両合計で、109万7,700台(前年比19.5%減)が納車された。

中央および東ヨーロッパにおける販売台数は15.6%減少して67万7,000台となった。北米では、前年比17.4%減となる78万5,800台の新車が販売。

米国における販売台は、12.1%の減少に留まり、57万4,800台となった。南米では、グループの市場シェアを大幅に拡大することに成功。販売台数は、前年比19.5%減となる合計48万9,700台だった。

南米最大の市場であるブラジルでも、同様に前年比19.7%減となる37万7,600台の車両が販売された。アジア太平洋地域は、新型コロナウイルス感染症のパンデミックによる影響から回復するのが最も速かった地域となった。

この地域では、フォルクスワーゲン グループの販売台数が前年比9.1%減少して412万2,200台となった。グループ最大の単一市場である中国では、前年比9.1%減となる384万9,000台の車両が販売された。

関連情報:https://www.volkswagen.co.jp/ja.html

構成/DIME編集部

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します