サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタは電動SUVをなぜ共同開発? スバルと実現した環境面だけじゃない新型EV「bZ4X」の狙いとは

ここから本文です

■トヨタの新EVシリーズ「bZ」始動! 第一弾はクロスオーバーSUV

 トヨタの環境車に対する考え方は「選んでいただく」、「普及してこそ」であり、そのためにさまざまな電動車をラインナップしていることにあります。

トヨタ新型「アギア」は日本にピッタリ!? 小さくても速そうな新顔モデル!

 1997年にハイブリッド車(HV)、2012年にプラグインハイブリッド車(PHV)、2014年に燃料電池車(FCV)を市場導入、その数は累計1700万台を超えています。

 しかし、EV(電気自動車)に関しては、1990年代に「タウンエースバンEV」や「マジェスタEV」、「RAV4 EV」。

おすすめのニュース

サイトトップへ