現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 沖縄とシチリアが姉妹関係を提携! イタリア名門クラシックイベントと新興「ジーロ・デッリゾラ沖縄」が手を結んだ経緯とは

ここから本文です

沖縄とシチリアが姉妹関係を提携! イタリア名門クラシックイベントと新興「ジーロ・デッリゾラ沖縄」が手を結んだ経緯とは

掲載
沖縄とシチリアが姉妹関係を提携! イタリア名門クラシックイベントと新興「ジーロ・デッリゾラ沖縄」が手を結んだ経緯とは

クラシックカーラリー界で、日伊の新たな友好関係が誕生

2023年10月下旬、筆者がイタリア・ボローニャで開催されたクラシックカーショー「アウト・エ・モト・デポカ(Auto e Moto d’Epoca)2023」を訪れたのは、もちろん取材という理由もあった。でも、もっとも重要な目的は、2023年春に沖縄でスタートしたばかりのクラシックカーラリー「ジーロ・デッリゾラ沖縄(Giro dell’Isola OKINAWA)」が、イタリアの名門イベント「ジーロ・ディ・シチリア(Giro di Sicilia)」と姉妹提携を結ぶことが決定し、そのお披露目のプレゼンテーションが当イベントの大型ステージにて行われるにあたって、微力ながらサポートさせていただくというものだった。今回は、予想外に大掛かりなものとなったプレゼンテーションと、それに至るまでの経緯について、お話しさせていただきたい。

バイト代をためて買った人生初の愛車フィアット「X1/9 1500」諸費用込み140万円の現実とは?【忘れじの車】

イタリアの名門イベントと、日本の新興イベントが姉妹になる

ことのはじまりは、2023年3月4~5日に第1回「ジーロ・デッリゾラ沖縄」が開催されたことまで遡る。

イタリアの生ける伝説的イベント「ミッレ・ミリア」に端を発する、レギュラリティ・ラン(タイムラリー)形式のクラシックカーラリーは前世紀末から日本にも波及し、現在では国内の津々浦々で開催。観光イベントや、時には町興しイベントとしても人気を博すこれらのラリーでは、美しい景観の中を、参加者おのおのの愛車であるクラシックカーとともに走るというのが最高の醍醐味となっているなかで、とくに「美ら島」沖縄で開催されたジーロ・デッリゾラ沖縄の美しさは格別のものであった。

そこで、筆者もライターとしてその魅力を複数のメディアでお伝えさせていただいたのだが、日本のWEB記事も海外でチェックすることができるインターネット時代の現代において、それらの記事はイタリアの「ジーロ・ディ・シチリア」関係者たちの目にもとまることになった。

「ジーロ・ディ・シチリア」は、同じシチリア島で開催される同名の自転車ロードレースと間違えられることも多いが、自動車レースとしても約一世紀の歴史を誇る名門。クラシックカーラリーとなった今でも、イタリアの自動車クラブや各種イベントを傘下に収めるオーソライズ団体で、クラシックカーの正統性が認められたことを示す「タルガ・ドーロ(Targa d’Oro:ゴールドプレート)」の発行者として知られる「ASI(Automotoclub Storico Italiano)」においても、もっとも重要なイベントのひとつとされている。

また2023年春の大会では「伊香保おもちゃと人形自動車博物館」の館長である横田正弘氏が総合優勝を遂げたこともあって、わが国でも比較的知名度の高いクラシックカーラリーといえるだろう。

ジーロ・ディ・シチリアの主催団体「ヴェテラン・カー・クラブ・パノラムス」会長にして、ASIの上級理事でもあるアントニオ・アウチェッロ氏は、かねてより「日本のイベントとコラボしたい」という要望を持っていたとのこと。そこで、同じく今年の「ジーロ・ディ・シチリア」に出場し、ASI幹部を夫に持つローマ在住の日本人女性、蓑 京子さんが「ジーロ・デッリゾラ沖縄」を見つけ出し、今回の姉妹イベント締結に至ったとのことである。

ちなみに、沖縄でイベント名として掲げられた「Giro dell’Isola」とは、この種のラリーの本場、あるいは聖地ともいうべきイタリアの言葉で「島巡り」を意味するという

そして、同じ「ジーロ」の名を冠すること。さらに、苦難の歴史を乗り越えて独自の文化を築いてきたシチリアと沖縄の共通性も、今回の日伊コラボの大きな理由になったという。

イタリアのクラシックカー界の名士たちも、新たな仲間に拍手喝さい

2023年までのヴェネト州パドヴァからボローニャに会場を移した「アウト・エ・モト・デポカ2023」では、ASIが「ビレッジ(村)」と称して巨大ホールの半分を占有するブースを設け、そこに傘下のクラブやイベントのブースをそれぞれ配する。そして有力イベントである「ジーロ・ディ・シチリア」も、かなり大規模なブースを設けることになった。そこでアウチェッロ会長から「一角にジーロ・デッリゾラ沖縄のコーナーも設けるので、実行委員長の矢口可南子さんもボローニャまで来ませんか……?」というオファーが。

仲介役の蓑さんも全日随行してくれるとのことだったが、イタリアでは徒手空拳の矢口さんは、曲がりなりにもイタリア経験があり、パドヴァ時代のアウト・エ・モト・デポカにも何度か訪問したことのある筆者に白羽の矢を立て、ともにイベントに赴くことになった。

こうしてボローニャまでたどり着いたわれわれながら、正直なところイベントが開幕する直前まで、いったい何が起こるのかまるで未知数だった。

ブース内で用意されたコーナーは予想外に広かったものの、沖縄観光コンベンションビューローからお借りした美しい「琉装(沖縄の民族衣装)」を、現地でご用意いただいたマネキン人形に着付け。沖縄紋様の風呂敷をテーブルクロスのように広げたカウンターに、一対の小さなシーサーとイベントパンフレットを置くと、それなりに立派なコーナーとなった。

さらに「沖縄の美しい海と豊かな自然、琉球王国の時代からアジアの中心として独自の歴史・文化を育んできた沖縄の魅力を、ラリーイベントというかたちを通じて伝えたい」という矢口実行委員長の熱い思いは、大会初日からアウチェッロ氏はもちろん、アルベルト・スクーロ会長をはじめとするASI首脳陣にもひしひしと伝わったようで、彼女は会場の行く先々で大人気。くわえてイタリアのクラシックカー界の名士のお歴々や、欧州各国から遠く日本に至るエンスー仲間たちも、次々とジーロ・デッリゾラ沖縄のコーナーに訪れてくれた。

そして「アウト・エ・モト・デポカ2023」3日目となる土曜日。マネキン用のスペアとして持っていった琉装に身を包んだ矢口さんは、驚くほどに大掛かりで華やかなASI特設ステージに登壇し、蓑さんの通訳のもとプレゼンテーションを敢行。気づけば、会場は満場の拍手に包まれ、極東の新しいクラシックカーラリーを祝福してくれていたのだ。

日本のクラシックカーラリーの開祖ともいえる「ラ・フェスタ・ミッレミリア」を筆頭に、イタリア伝統のイベントの日本版として誕生したラリーは、いくつか先例はあった。しかし、まったくの独力で発足した日本のイベントが、有名な海外イベントと対等の関係を結び、ともに成長してゆこうという姿勢を明快に示した事例は、ながらく日本のクラシックカー界を俯瞰してきた筆者にとっても、ほかには思い出せない。

この姉妹イベント締結は、日本の自動車趣味界、ひいては自動車文化にとっても一つのマイルストーンになり得ると、遥かボローニャにて実感したのである。

関連タグ

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

BMW『M5』新型、ワールドプレミアの瞬間…グッドウッド2024
BMW『M5』新型、ワールドプレミアの瞬間…グッドウッド2024
レスポンス
手術を乗り越えて復活! マシンをGRヤリスにスイッチして全日本ラリーに再参戦した「コバライネン」を直撃した
手術を乗り越えて復活! マシンをGRヤリスにスイッチして全日本ラリーに再参戦した「コバライネン」を直撃した
WEB CARTOP
ドコモ・バイクシェアとOpenStreetがついに提携! 三つ巴のシェアサイクル業界、どう変化していく?
ドコモ・バイクシェアとOpenStreetがついに提携! 三つ巴のシェアサイクル業界、どう変化していく?
くるくら
アストンマーティン、ヴァルキリーLMHのシェイクダウン実施。来季WEC&IMSA正式投入に向けて準備着々
アストンマーティン、ヴァルキリーLMHのシェイクダウン実施。来季WEC&IMSA正式投入に向けて準備着々
motorsport.com 日本版
運転下手もこれなら余裕! 超小まわりが利く「市街地最強」のクルマ4選
運転下手もこれなら余裕! 超小まわりが利く「市街地最強」のクルマ4選
WEB CARTOP
日産が新型「NISMO」世界初公開へ! 赤アクセントがめちゃスポーティ!? 「楽しみ!」「これは熱い!」期待する声続々!
日産が新型「NISMO」世界初公開へ! 赤アクセントがめちゃスポーティ!? 「楽しみ!」「これは熱い!」期待する声続々!
くるまのニュース
プロのクルマ鑑定師が伝授!BMW・3シリーズは骨格に注目!?【グー鑑定団 #1】
プロのクルマ鑑定師が伝授!BMW・3シリーズは骨格に注目!?【グー鑑定団 #1】
グーネット
ホラーの夏! 渋谷凪咲×Jホラーの巨匠・清水崇『あのコはだぁれ?』で背筋が凍りつく
ホラーの夏! 渋谷凪咲×Jホラーの巨匠・清水崇『あのコはだぁれ?』で背筋が凍りつく
バイクのニュース
国交省、UDタクシー「認定レベル準1」に日産セレナとNVバネットの車いす仕様車
国交省、UDタクシー「認定レベル準1」に日産セレナとNVバネットの車いす仕様車
日刊自動車新聞
【スクープ】まもなく正式発表! ニュルでBMW「M2」超えのタイムをマークしたアウディ「RS 3」の市販デザインを大予想!
【スクープ】まもなく正式発表! ニュルでBMW「M2」超えのタイムをマークしたアウディ「RS 3」の市販デザインを大予想!
LE VOLANT CARSMEET WEB
トヨタ新型「“巨大”ハイラックス」世界初公開へ! タフデザインの“2階建て”仕様!? 「車中泊」もできる「アストラーレGX4」発表
トヨタ新型「“巨大”ハイラックス」世界初公開へ! タフデザインの“2階建て”仕様!? 「車中泊」もできる「アストラーレGX4」発表
くるまのニュース
トーヨータイヤ、独自のタイヤ設計基盤技術「T-MODE」のさらなる高度化を実現
トーヨータイヤ、独自のタイヤ設計基盤技術「T-MODE」のさらなる高度化を実現
レスポンス
DS、新デザインスタディ発表へ…9月の仏「シャンティイ・アーツ&エレガンス」で
DS、新デザインスタディ発表へ…9月の仏「シャンティイ・アーツ&エレガンス」で
レスポンス
「ベストEクラスを探せ!」メルセデス・ベンツ EクラスコンシェルジュがアナタにぴったりのEクラスをお探しします!
「ベストEクラスを探せ!」メルセデス・ベンツ EクラスコンシェルジュがアナタにぴったりのEクラスをお探しします!
LE VOLANT CARSMEET WEB
ついにやった to engineer 横浜ゴム 人とAIのコラボから得た情報を繰り返すことで開発目標値に到達するXAIを開発
ついにやった to engineer 横浜ゴム 人とAIのコラボから得た情報を繰り返すことで開発目標値に到達するXAIを開発
Auto Prove
プジョーやオペル、サウンドハウンドの生成AI導入…欧州17市場の12言語に対応へ
プジョーやオペル、サウンドハウンドの生成AI導入…欧州17市場の12言語に対応へ
レスポンス
フェラーリ、インテルラゴスでの”無力感”を嘆く。言外にBoPへの不満滲ませ「これ以上できることはなかった」
フェラーリ、インテルラゴスでの”無力感”を嘆く。言外にBoPへの不満滲ませ「これ以上できることはなかった」
motorsport.com 日本版
TONE RT SYNCEDGE 4413 BMW、ワークスライダーが加勢。星野と吉田の強力布陣でSSTクラス優勝奪還へ
TONE RT SYNCEDGE 4413 BMW、ワークスライダーが加勢。星野と吉田の強力布陣でSSTクラス優勝奪還へ
AUTOSPORT web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2870.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

2980.04980.0万円

中古車を検索
ローマの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2870.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

2980.04980.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村