サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【試乗】新型 ロールスロイス ゴースト│ドライバー志向へと生まれ変わったゴ―ストは、まさに運転席が新たな上座!

ここから本文です

【試乗】新型 ロールスロイス ゴースト│ドライバー志向へと生まれ変わったゴ―ストは、まさに運転席が新たな上座!

優雅な佇まいの内側には、真の贅沢が詰まっていた

観音開きのドア(コーチドアという)が白い手袋をはめた運転手によって恭しく開けられると、中からいかにも大金持ちといった風情の爺様が登場して・・・。

ロールスロイス 新型ゴーストのカタログを見る

ロールスロイスというといまだにそんなイメージをもつ人が多いことだろう。けれども、最新モデル(=グッドウッドRR)では正反対だと思ってもらった方が良さそうだ。つまり、今時のロールスロイスでは、開くドアはたいてい運転席のみで、降り立つ人物は至って若い、いってもせいぜい40~50代、なのである。

要するにショーファードリブンではなく、オーナードリブンの傾向が強まった。特に2009年に登場した初代ゴーストと、その派生モデルである2ドアのレイス&ドーンが登場してからはというものの、後席より運転席を好むカスタマーが格段に増え、それはそのままロールスロイスの販売増にもつながって、さらにはラグジュアリーブランドの中でも若返りに最も成功することになる。

初代ゴーストの成功こそが、現在のロールスロイスの基盤となったというわけだ。

それゆえ、10年に一度しか行われないフルモデルチェンジはたいそう難しいものだったに違いない。けれども、グッドウッドはやり遂げた。この10年間における利益=投資と、世界をリードするカスタマーの最新動向というゴーストのもたらした2つの大きな財産をフルに活用して。そういう意味では2代目となった新型ゴーストは間違いなく初代から生まれたが、けれどもしかし、初代とは似て非なるモデルへと進化を遂げたと言っていい。

世界中のハイエンドカスタマーは何を望んでいるのか。グッドウッドの出した結論は、「ポスト・オピュレンス」。直訳すると”贅沢の先”にあるもの、とでもなるだろうか。RRの日本語リリースではこれを“脱贅沢”と訳していたが、RRを選ぶこと自体、贅沢の極みなのだから、それをやめると言うわけじゃない。

むしろその逆で、世間一般に思われている贅沢から一歩進んだ真の贅沢をRRは目指しますよ、というそれは意思表示でもあった。つまり、見せかけだけの贅沢からは一層距離を置きますよ、という意味だ。それゆえ、この言葉には「リダクション」(縮小)と「サブスタンス」(実質)を重視する姿勢が含まれる、と補足する。

つまり、シンプルであることこそモダンエレガンスの起点。無駄な贅沢はやめましょうというわけだった。 新型ゴーストがいきなりシンプル極まりないサルーンへと変身したかというと、そうではない。見た目には、おそらく詳しくない人が見たならば成功した初代とさほど変わったように見えないだろうし、先代の形を詳しくは知らないという人だって、つまり誰が見ても、この車はロールスロイスであると言い当てることができるだろう。世間一般からすれば、この存在感だけで“贅沢極まりない車”である。

けれどもエクステリアをよく見れば、ロールスロイスらしい優雅なサルーンに仕立てるべく、シャットラインをできるだけ少なくしたり、余計なキャラクターラインを入れずに巨体を引き締まって見せたりするような工夫が散見される。クロームの光り方もわざと抑えてある。

ちなみに先代と同様、ボディタイプはスタンダード(全長5545mm)とエクステンデッド(全長5715mm)の2種類で、それぞれに4人乗りと5人乗りが用意された。

インテリアもそうだ。上質なウッドやメタル、レザーといった素材のもつ力を生かすべく、ステッチから組み合わせ、デザインに至るまで、可能なかぎりシンプルさを貫いた。

あれもこれも、となりがちな内装デザインにおいて、これもまた難しかったことだろう。一歩間違うと、かえって単調で貧相な見栄えになりかねないのだから。

新型ゴーストの目指す“贅沢のその先にあるもの”とは、そんな見栄えの話ではなく、自動車としての本質、むしろそのパフォーマンスにあった。 グッドウッドにおけるこの10年の進化の証しとして、ブランド専用開発のアルミニウム・スペースフレーム骨格を挙げることができる。先代ゴーストはBMWグループの上級プラットフォームを活用していたのに対し、新型には専用の新骨格が採用されたのだ。

ロールスロイスに「必要な性能」を盛り込み、一から新たに開発したもので、初のSUVであるカリナンとフラッグシップモデルの第2世代のファントムにもすでに採用されている。

一方で、その心臓部には純内燃機関のV12エンジンを受け継いだ。6.75Lツインターボで、そのスペックはスーパーカー級だ。8速ATと組み合わせ、1600回転から850N・mもの大トルクをフラットに発揮する。この大トルクを路面へと確実に伝えてくれるのは、ロールスロイスのサルーンとしては初となる4WDシステムだ。

新型ゴーストの真価はその乗り味の素晴らしさにこそある。まず、驚かされたのが極上の乗り心地だ。カリナン、ファントムときてもうそれ以上の感動はないに違いない、と思っていたから嬉しい誤算である。これは、「プラナー・サスペンション・システム」という全く新しい考え方の足回りによるもので、中でも前輪の「アッパー・ウィッシュボーン・ダンパー」構造(簡単にいうとダンパーのためのダンパーが付いている!)はユニーク極まりない。動き出した瞬間からはっきりとライドクオリティの高さを感じる。

さらに、高級車とは思えぬドライバビリティの高さにも驚愕した。日光峠の狭いワインディングロードをまるでよくできたミッドサイズのスポーツサルーンのように駆け抜けた。なるほど、現代のRRカスタマーがショーファーよりオーナードリブンを好むということがよく分かる、といった仕上がりなのだった。

新型ゴーストは同門カリナンを凌ぐ究極のドライバーズカーであり、究極の乗用車であると言っていい。 ロールスロイス 新型ゴーストのカタログを見る▼検索条件ロールスロイス 新型ゴースト × 全国文/西川淳、写真/ロールスロイス・モーター・カーズ

ロールスロイス ゴースト(初代)の中古市場は?

2009年から販売されていたベストセラーモデル。2014年のマイナーチェンジで、フロントフェイスなど各所に変更が加えられた。中古市場で流通している物件は白、黒、シルバーの順で多く、中にはパープルや紺色などの特別感を感じる物件も散見される。中古車平均価格は3000万円ほどで、最低価格は900万円(2021年4月現在)。ほぼすべての物件が良いコンディションを保っている ロールスロイス ゴースト(初代)の中古車を探す▼検索条件ロールスロイス ゴースト(初代) × 全国写真/ロールスロイス・モーターカーズ【試乗車 諸元・スペック表】●6.75 4WD型式7BA-TV02最小回転半径-m駆動方式4WD全長×全幅×全高5.54m×2m×1.57mドア数4ホイールベース3.3mミッション8AT前トレッド/後トレッド-m/-mAI-SHIFT◯室内(全長×全幅×全高)-m×-m×-m4WS◯車両重量2540kgシート列数2最大積載量-kg乗車定員5名車両総重量-kgミッション位置コラム最低地上高-mマニュアルモード-標準色ダイアモンドブラック、ダーケストタングステン、ペトラゴールド、アンスラサイト、ダークエメラルド、ボヘミアンレッド、スカラレッド、ミッドナイトサファイア、サラマンカブルー、イグアスブルー、ジュビリーシルバー、シルバー、ホワイトサンド、イングリッシュホワイト、アークティックホワイト、テンペストグレーオプション色ブラック、グラファイト、インペリアルジェイド、ベラドンナパープル、インフィニティブラック、リリカルカッパー、ブラックキルシュ、サファイアブラック、ガンメタル、ダークインディゴ、メトロポリタンブルー、トワイライトパープル、マグマレッド、タスカンサン、プレミアシルバー、ブラックエンバー、ベリックブロンズ、ブラックグリーン、メラナイト、マデイラレッド、スターリンググレー、ミッドナイトブルー、ブルーベルベット、ブルックランズグリーン、ダックエッグブルー、パープルシルク、ベルベットオーキッド、ワイルドベリー、ブロンズ、アリゾナサン、タングステン、ストーングレイ、バーンアウトグレー、オータムミステリーブラック、オブシディアン、ガリレオブルー、シルバーサンド、サファイアガンメタル、クリスタルオーバーアークティックホワイト、クリスタルオーバーセルビーグレー、クリスタルオーバーオレンジメタリック、クリスタルオーバーマグマレッド、クリスタルオーバーブラック、クリスタルオーバーフェイムグリーン、クリスタルオーバーサラマンカブルー、クリスタルオーバーミッドナイトサファイア、クリスタルオーバートワイライトパープル掲載コメント※諸元・装備情報は一部本国仕様の情報を掲載しております型式7BA-TV02駆動方式4WDドア数4ミッション8ATAI-SHIFT◯4WS◯標準色ダイアモンドブラック、ダーケストタングステン、ペトラゴールド、アンスラサイト、ダークエメラルド、ボヘミアンレッド、スカラレッド、ミッドナイトサファイア、サラマンカブルー、イグアスブルー、ジュビリーシルバー、シルバー、ホワイトサンド、イングリッシュホワイト、アークティックホワイト、テンペストグレーオプション色ブラック、グラファイト、インペリアルジェイド、ベラドンナパープル、インフィニティブラック、リリカルカッパー、ブラックキルシュ、サファイアブラック、ガンメタル、ダークインディゴ、メトロポリタンブルー、トワイライトパープル、マグマレッド、タスカンサン、プレミアシルバー、ブラックエンバー、ベリックブロンズ、ブラックグリーン、メラナイト、マデイラレッド、スターリンググレー、ミッドナイトブルー、ブルーベルベット、ブルックランズグリーン、ダックエッグブルー、パープルシルク、ベルベットオーキッド、ワイルドベリー、ブロンズ、アリゾナサン、タングステン、ストーングレイ、バーンアウトグレー、オータムミステリーブラック、オブシディアン、ガリレオブルー、シルバーサンド、サファイアガンメタル、クリスタルオーバーアークティックホワイト、クリスタルオーバーセルビーグレー、クリスタルオーバーオレンジメタリック、クリスタルオーバーマグマレッド、クリスタルオーバーブラック、クリスタルオーバーフェイムグリーン、クリスタルオーバーサラマンカブルー、クリスタルオーバーミッドナイトサファイア、クリスタルオーバートワイライトパープルシート列数2乗車定員5名ミッション位置コラムマニュアルモード-最小回転半径-m全長×全幅×全高5.54m×2m×1.57mホイールベース3.3m前トレッド/後トレッド-m/-m室内(全長×全幅×全高)-m×-m×-m車両重量2540kg最大積載量-kg車両総重量-kg最低地上高-m掲載用コメント※諸元・装備情報は一部本国仕様の情報を掲載しておりますエンジン型式-環境対策エンジン-種類V型12気筒DOHC使用燃料ハイオク過給器ターボ燃料タンク容量83リットル可変気筒装置-燃費(10.15モード)-km/L総排気量6750cc燃費(WLTCモード)-燃費基準達成-最高出力571ps最大トルク/回転数n・m(kg・m)/rpm850(86.7)/1600エンジン型式-種類V型12気筒DOHC過給器ターボ可変気筒装置-総排気量6750cc最高出力571ps最大トルク/回転数n・m(kg・m)/rpm850(86.7)/1600環境対策エンジン-使用燃料ハイオク燃料タンク容量83リットル燃費(10.15モード)-km/L燃費(WLTCモード)-km/L燃費基準達成-

カーセンサーEDGE.netはこちら

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します