サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 冒険家・風間深志が発案「SSTR」が人気過熱!【今年のエントリー受付は3/8(日)早朝から】

ここから本文です

冒険家・風間深志が発案「SSTR」が人気過熱!【今年のエントリー受付は3/8(日)早朝から】

太平洋側から日本海側へツーリング

日の出とともに日本の東海岸からスタートし、日没までに日本海側にゴールするツーリングイベント『SSTR』(サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー)。’19年の参加台数は3400台を超え、今年からFIM(国際モータサイクリズム連盟:MotoGPなど国際レースを主催している団体)の「Ride Green」運動として承認されるなど、その人気は右肩上がりだ。

ブルズアイカスタム ローライダー&ロードホッパー 【ハーレートレンドNEWS】

■文/青木タカオ ■画像提供/風間深志事務所

太平洋側から日本海側へ。ただそれだけのツーリングが楽しい

毎年恒例となった『SSTR』(サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー)は、オートバイでエベレスト6005m到達(ギネス世界記録)、バイクで南極点・北極点到達など、数々の偉業を成し遂げた冒険家・風間深志氏が発案し、主催している。

―― 1982年、パリ・ダカールラリーに日本人ライダーとして初めて出場した風間深志氏

日の出とともに自分で決めた日本列島の東海岸(太平洋や瀬戸内海、東シナ海沿岸部)からスタートし、日没までに日本海側の千里浜なぎさドライブウェイ(石川県羽咋市)にゴールするという単純明快な基本ルールがあるだけで、スピードや順位は競わない。

それぞれが無事にゴールに辿り着き、バイク仲間同士で感動を分かち合うのが目的。その原風景に、1982年に日本人ライダーとして初出場したパリ・ダカールラリーがある。風間さんは「ゴールであるダカールの海岸を走ったことが忘れられない」という。

’20年開催は5月。エントリー枠5000台分の受付は3/8(日)6:20スタート

「あの感動体験を日本のライダーたちにも」と2013年に第1回SSTRはスタート。参加130台だったが、14年に503台、15年に913台、16年に1790台と急増し続け、17年は2325台、18年3000台、19年は3400台を超えた。

―― 2013年の初開催以来、参加者が増え続ける。’20年は5000台の枠を用意している。

’20年は5月23日(土)~24日(日)に開催予定だが、新型コロナウイルスの影響が続けば、10月24日(土)~25日(日)へ延期の可能性もある。

エントリーは3月8日(日)6時20分から開始し、5000台の枠を用意。昨年は半日で枠が埋まっただけに、今年も間違いなく申込みが殺到しそうだ。

風間深志・晋之介親子へのインタビュー映像はこちら

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します