サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日本触媒:新しい亜鉛蓄電池「カーボン-亜鉛ハイブリッド畜電池」を開発

ここから本文です
日本触媒は、自社独自技術により開発した「亜鉛電池用セパレータ」と「亜鉛負極」に活性炭を組み合わせることにより、新しい亜鉛蓄電池「カーボン-亜鉛ハイブリッド畜電池」を開発した。

 この新しい亜鉛蓄電池は、主な構成要素が水・炭・亜鉛と資源的に豊富でかつ毒性のない材料で作れることが特徴であり、水系電池であるために燃える心配がなく、かつ出力性能・低温性能に優れる。また、亜鉛蓄電池で課題とされてきた寿命については、日本触媒が開発したセパレータと亜鉛負極技術により10000サイクル以上の長寿命性能を実現した。

おすすめのニュース

サイトトップへ