サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1サウジアラビアGP FP3:速さを取り戻したレッドブル。そして角田期待の4番手! 課題はソフトタイヤの”ウォームアップ”

ここから本文です

 F1第20戦サウジアラビアGPのフリー走行3回目が行なわれ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がトップタイムを記録。アルファタウリの角田裕毅が4番手と好位置につけた。

 ジェッダ市街地コースを舞台に行なわれているF1サウジアラビアGP。そのフリー走行3回目が12月4日の現地時間17時から行なわれた。セッション開始時のコンディションは、日没間近という段階であり気温29度、路面温度36度というモノだった。

■ハミルトン、サウジアラビアGP初日首位も「1周アタックは速くない」鍵はタイヤの使い方?

 トップタイムを記録したのは、レッドブル・ホンダのフェルスタッペン。

おすすめのニュース

サイトトップへ