サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ホンダ シティ 新型発表、1.0ターボを搭載…グレイス新型としての日本市場導入は未定

ここから本文です

ホンダ シティ 新型発表、1.0ターボを搭載…グレイス新型としての日本市場導入は未定

ホンダのタイにおける四輪車の生産販売合弁会社であるホンダオートモービル(タイランド)カンパニー・リミテッドは11月25日、コンパクトセダンの新型『シティ』を世界初公開した。

東南アジア市場向けのシティは1996年、『シビックフェリオ』をベースとした初代が登場。2014年に登場した4世代目シティは、3代目『フィット』をベースに開発。2014年12月には、『グレイス』の車名で日本市場でも販売を開始した。

5代目となる新型シティは、コンパクトセダンでありながら広々とした室内空間はそのままに、スポーティでシャープなエクステリアと上質で機能的なインテリアデザインで生まれ変わった。タイ市場向けには、直列3気筒1.0リットルDOHC VTECターボエンジンを採用することで、よりトルクフルな走りを実現。最新の環境基準に対応しながらも、現行の1.5リットル自然吸気エンジンをしのぐ力強い走りと、圧倒的な低燃費を両立させた。また、シティとしては初めて、スポーティグレード「RS」をラインアップに追加した。

新型シティは、タイ国内を皮切りに他の国でも発売を予定しているとしているが、次期グレイスとしての日本市場導入については明言していない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します