サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ビーエヌスポーツ新旧エアロの融合!」思い入れのあるS14で初心に帰ったエアロメイク!【東京オートサロン2020】

ここから本文です

「ビーエヌスポーツ新旧エアロの融合!」思い入れのあるS14で初心に帰ったエアロメイク!【東京オートサロン2020】

後期用エアロを前期にリニューアル!

バンパーカットせずとも強烈印象なリヤビュー!

「ビーエヌスポーツ新旧エアロの融合!」思い入れのあるS14で初心に帰ったエアロメイク!【東京オートサロン2020】

ドリフトユーザーを中心に人気のエアロパーツメーカーBN SPORTS(ビーエヌスポーツ)。そのエアロは「張り出し系」と呼ばれる末広がりなデザインが特徴的だが、ここ数年の新作はBLS(BN Luxury Sports)シリーズとして、意欲的なルックスのエアロを打ち出してきていた。

そこで、2020年は初心に帰るという意味で、会社を立ち上げた際に初めてエアロキットを作ったという思い入れのあるS14シルビアをベースに選択。そのときに製作したS14後期用エアロキットを用いつつ、フロントフェイスの異なるS14前期に合わせてリニューアルしたのが今回の展示車両のエアロだ。

S14前期用のフロントバンパーを製作するにあたってモチーフにしたのは、後期用のタイプ3。純正のラインを残しながらワイドに仕上げるデザインで、2000年代のドリ車を思い起こさせる懐かしさも感じるルックス。それに、カナードがアクセントとして追加されている。

郷愁を感じさせるフロントと打って変わって、リヤは近年のビーエヌスポーツを象徴するようなラインを強く意識させる造形を採用。昨今のドリ車ではリヤバンパーの下側をカットしてボディパネルや下回りを直接見せるスタイルが流行しているが、それをやらずともバンパー単体でアピールできるデザインを目指した。

さらにBLSシリーズの大型スワンネックGTウイングを装着することでリヤの重厚感をアップ。逆にサイドステップは従来のタイプ3を採用するなど、前後に渡ってビーエヌスポーツの新旧エアロデザインがミックスする仕様に仕上がっているのがこのシルビアだった。

もう1台の展示車両はフォーミュラDジャパン、ドリフトキングダムで活躍する韓国出身のチョ・スング選手のFD3S。こちらに装着されているエアロキットは、東京オートサロン2017で話題をさらったアグレッシブなBLSシリーズだ。

●取材協力:BNスポーツ TEL:0296-30-5201

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します