サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 国産初のハイブリッド連節バス「BAYSIDE BLUE」が横浜でデビュー

ここから本文です

横浜市では、都心臨海部を走行する新たな交通として、ハイブリッド連節バスを導入し、横浜駅東口から山下ふ頭間に『BAYSIDE BLUE』を6月から運行を開始する。

BAYSIDE BLUEに使用される車両は、日野自動車といすゞ自動車が共同開発した日野『ブルーリボン・ハイブリッド連節バス』で、シャシーも含めた国産の連節バスとしては第1号車となる。

2月10日、横浜ハンマーヘッドにて、車両発表会が行われた。

おすすめのニュース

サイトトップへ