サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ? 大型リアスポイラーの付いたクルマを最近見かけなくなったワケは

ここから本文です

■大型リアスポイラーがなくなった理由はいくつかある

 クルマのエアロパーツとして知られる大型リアスポイラー(大型リアウイング)は、もともとは機能性のあるものですが、普通の乗用車がその効果を得られるような速度域で走ることは少なく、実際にはイメージや雰囲気を楽しむものでもあります。

そっくりすぎるミニGT-Rが爆誕! なぜ軽自動車をGT-R風に?

 しかし、近年は大型リアスポイラーが付いたクルマをあまり見かけなくなりましたが、いったいなぜなのでしょうか。

 リアスポイラー(ルーフスポイラー)は、ボディに発生する空気の流れに沿うように取り付けられたパーツのことです。

おすすめのニュース

サイトトップへ