サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1シート喪失囁かれるラティフィ、チームメイトのアルボンとの差は「ドライビングスタイル以上の問題」と原因探る

ここから本文です

 ウイリアムズのニコラス・ラティフィは、チームメイトのアレクサンダー・アルボンとの今季開幕から埋まらないパフォーマンス差を不可解に思っている。

 ラティフィは今シーズン、開幕から苦戦が続いている。ここまでの最上位はマイアミGPでの14位で、獲得ポイントは無得点となっている。

■F2王者ピアストリ、ウイリアムズ入りは決定路線か。育成のアルピーヌ代表は来季のF1デビューを確実視

 一方で、アルボンは今季新加入ながらも、オーストラリアGPとマイアミGPでポイントを獲得し、ラティフィに対して9戦8勝と勝ち越している。

 こうした状況からラティフィのウイリアムズでの未来には暗雲が立ち込めている。

おすすめのニュース

サイトトップへ