サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1驚きの番狂わせ優勝2:ベッテル栄光の歴史の始まり。大雨のモンツァで輝く|2008年イタリアGP

ここから本文です

 2008年のF1イタリアGPは、雨に祟られたレースとなった。金曜日から雨、予選も雨、決勝も雨だったのだ。モンツァが本格的なウエットレースとなったのは、1981年以来……実に久々だったのだ。

 その雨に足を取られ、トップランカーが予選で次々に失敗。その中で躍動し、ポールポジションを獲得したのがスクーデリア・トロロッソのセバスチャン・ベッテルだった。

■驚きの番狂わせ優勝1:ライコネンとマッサしか乗れない? F60、スパで唯一の勝利

 トロロッソはF1参戦3シーズン目。ベッテルもフル参戦1年目というフレッシュな組み合わせ。チームメイトのセバスチャン・ブルデーも4番グリッドを確保し、トロロッソ勢が輝きを放った。

おすすめのニュース

サイトトップへ