サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 世界初の量産型・農業用無人車 バイエルとXAGジャパンが発売

ここから本文です

バイエルクロップサイエンスとXAGジャパンは、XAG社が開発・製造する世界初の量産型農業用無人車『R150』の販売を6月15日より開始したと発表した。

R150の販売は、2018年に締結したバイエル クロップサイエンスとXAGジャパンとの日本国内市場における共同事業開発契約に基づくもの。今回、2018年に販売を開始したドローンに加え、担い手不足や高齢化といった日本の農業における課題を解決するソリューションとして、新たにR150を提供する。

R150はRTK(相対測位)による制御で、だれでも簡単かつ安全に、正確な運行と散布を実現する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン