サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【角田裕毅F1第4戦密着】走行経験の多いバルセロナ初日は「全セッションが学びの前戦とは対照的」で前向きな1日に

ここから本文です

【角田裕毅F1第4戦密着】走行経験の多いバルセロナ初日は「全セッションが学びの前戦とは対照的」で前向きな1日に

【角田裕毅F1第4戦密着】走行経験の多いバルセロナ初日は「全セッションが学びの前戦とは対照的」で前向きな1日に

 前戦ポルトガルGPで、予想外のグリップ不足に悩んだ角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)。しかし、アルガルベ・サーキットのグリップに悩まされたのは、角田だけではない。チームメートのピエール・ガスリーもまた、9番手からスタートしたレースで、残り2周でなんとかトップ10内に入り、10位でフィニッシュした後、落胆していた。

「正直に言って、今日はとても難しいレースだった。レースウイークを通じて苦戦し、予選でトップ10入りするのがやっとで、レースでもある程度予想していたとはいえ、望んでいたような展開にはならず、ポイントを獲得するのが精一杯だった」

F1 Topic:バルセロナのターン10は緩やかなカーブに改修。コーナー立ち上がりでの勝負チャンスが増加か

 具体的にどこに問題があったのかと尋ねると、ガスリーは「低速コーナーが問題だった」と言う。

 そのポルトガルGPのレースで、角田は「アンダーステアに苦しんだ」と語り、「問題は同じセットアップなのに、チームメートとフィードバックが違う」とも話していた。そこで、ガスリーに「低速コーナーでどんな挙動だったのか。アンダーステアだったのか、オーバーステアだったのか、具体的に話してほしい」と尋ねると、ガスリーは「ひとつだけの問題じゃない。どちらもだ。入口がアンダーステアで、出口がオーバーステアだった」と教えてくれた。

 角田が言う「チームメートとフィードバックが違う」というのは、このことだろう。

 いったい、アルファタウリのマシン『AT02』はどうなっているのか。チーフレースエンジニアのジョナサン・エドルズに聞くと、興味深い回答をしてくれた。

「原因のひとつは、アルガルベ・サーキットの風にあったと思う。週末を通して、午後になると風が強くなり、しかも風向きが一定でなく、コーナーによっても毎周変わっていた。だから、ドライバーによってバランスが違う感じ方になったのだろうと考えている」

 当然、こうした情報は角田の耳にも入っており、カタロニア・サーキット入りした角田も木曜日にこう振り返っていた。

「(ポルトガルGPでの)フィーリングの違いは、バルセロナで改めて確認しますが、ポルトガルは風が強くて、コーナーや周回によって吹き方も違っていました」

 5月7日、スペインGP初日、フリー走行1回目開始時のカタロニア・サーキットの風速は秒速0.2m、フリー走行2回目開始時は秒速0.1m。

 この日のふたりのベストタイムは、ガスリーが1分18秒593の6番手で、角田はガスリーの1000分の26秒違いの1分18秒618の7番手だった。

「このコースは走行経験が多く、よく知っているので、全セッションが学びだったポルトガルとは対照的に、自信を持ってドライブすることができました。明日に向けてはとてもポジティブな気持ちです。FP3と予選までに、自分のドライビングとマシンのセットアップにフォーカスする必要があるので、今夜エンジニアと取り組んでいきます」

 スペインGP初日、カタロニア・サーキットで、角田は心地よい春風を受けながら、気持ち良く疾走していた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します