サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 10%への消費増税は10月1日。フォルクスワーゲンがこれに対応して車両価格を改定へ

ここから本文です

10%への消費増税は10月1日。フォルクスワーゲンがこれに対応して車両価格を改定へ

2019年9月13日、フォルクスワーゲングループジャパンが10月1日の消費税改定にともない、フォルクスワーゲン各車種のメーカー希望小売価格の見直しを行うと発表した。

ポロやティグアンなどは、税抜き車両本体価格の改定も
フォルクスワーゲンは現在、日本市場へのディーゼルエンジン搭載グレードの展開を加速させている。2019年8月20日の発表ではゴルフとゴルフヴァリアント、さらにミニバンのシャランにTDIグレードを追加するとしていた。その発売日が10月1日だった。この日は消費税改定の施行日。ニューグレードの車両価格はすべて10%の税込みで公表されていた。

【スクープ】どうなる日本のセダン? 消滅が秒読みのビッグネームたち!

そして2019年9月13日、フォルクスワーゲンは従来からラインアップしている車種の10%消費税込みの車両価格を発表。さらに、ポロやザ・ビートル、ティグアン、アルテオンについては車両本体の「税抜き」価格の改定も行い、モデルによって0.2~1.3%のプライスアップとなった。

改定後の車両価格は、フォルクスワーゲンの公式ホームページを確認していただくとして、ここでは主なモデルの車両価格改定の例を挙げておこう。

●アップ! ムーブアップ! 4ドア:181万9000円→185万2000円(+3万3000円)
●ポロ TSI コンフォートライン:232万円→237万2000円(+5万2000円)
●ゴルフトゥーラン TSI コンフォートライン:338万4000円→344万8000円(+6万4000円)
●ティグアン TDIハイライン:498万9000円→508万9000円(+10万円)
●アルテオン Rラインアドバンス:599万円→618万円(+19万円)

ただし、ゴルフトゥーランとティグアン、シャランの一部で、新価格を後日発表とするグレードもある。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します