サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > リバティ・メディア、F1に対する融資条件を緩和。新型コロナウイルス危機脱却をサポート

ここから本文です
 F1のオーナー企業であるリバティ・メディアは、F1に対する29億ドル(約3120億円)の融資に対する条件を変更。これによりF1は、2021年の終わりまで財政的な余裕を手にすることができ、CEOのチェイス・キャリーは、この借入条件の変更によって、F1が新型コロナウイルスによる危機を乗り越えるのに役立つと語る。

 F1に対する29億ドルの融資と5億ドル(約538億円)の信用枠は、貸し手側が融資の最大額を指定するか、義務付けられた利益に対する負債の比率によって管理されている。

おすすめのニュース

サイトトップへ