サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【賢者の選択】V6エンジンと堂々たるエンブレムがたまらない! 新車時の半値以下、400万円台で狙える現行型Eクラス ワゴンは今が買いだ!!

ここから本文です

【賢者の選択】V6エンジンと堂々たるエンブレムがたまらない! 新車時の半値以下、400万円台で狙える現行型Eクラス ワゴンは今が買いだ!!

伝統のフロントフェイスが高貴さを演出する

メルセデス・ベンツ Eクラス ステーションワゴンと言えば、いつの時代も輸入車の、ということはつまり輸入中古車の定番的な存在だが、中古車に関しては昔に比べると購入へのハードルが低くなっている感がある。しかも、新車は相変わらず販売好調なだけにタマ数は豊富。中古車としてまさに願ったりな状況にあるのだ。

カーセンサーEDGE.netはこちら

そんなわけで最近、W213シリーズと呼ばれる現行型Eクラス ステーションワゴンの中古車に注目している。特に注視しているのが、2017年に日本導入されていた前期型のE400 4MATICと、2018年以降のE450 4MATICである。

両車は、今や4気筒エンジンが主流のEクラスの中で数少ないV型6気筒エンジンを積む。前者は3.5Lで、後者は3Lの新エンジンとなるが、いずれにせよ嬉しいマルチシリンダーだ。しかも駆動方式はフルタイム4WDで、エアサスペンションも標準装備となる。ロングドライブの伴侶として完璧と言っていい。  選んだ理由はまだある。実はこのW213シリーズからEクラスはいわゆるアバンギャルド顔が主流となったのだが、日本に導入されたEクラスは、このE400/E450だけが、ノーズ先端にスリーポインテッドスターが屹立した、伝統のフロントマスクを採用しているのだ。このノーブルな存在感、たまらない。 そんなE400/E450だが、中古車相場はざっと新車の半額ほどと、ハッキリ言ってお手頃だ。他のグレードも似たようなものだが、それはつまり価格差が詰まるということ。E400/E450のお買い得感は際立っている。

改めて物件情報を見ると、車両本体価格が400万円を切るものもいくつかあった。もはや、半額どころか3分の1に近いと考えると、居ても立ってもいられなくなる。

ああ、本当は誰にも教えずに自分で買いに行くべきだったかもしれない……、と思わなくはないが、まあいい。気になった方は検討してみてはいかがだろうか?  現行メルセデス・ベンツ Eクラスワゴン E400/E450の中古車を探す▼検索条件現行メルセデス・ベンツ Eクラスワゴン × E400 × E450 × 全国文/島下泰久、写真/メルセデス・ベンツ・グループ

カーセンサーEDGE.netはこちら

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら