サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ボルボ・カー・ジャパン、全車の電動化を完了 内燃機関のみのモデル販売終える

ここから本文です
 ボルボ・カー・ジャパン(VCJ、マーティン・パーソン社長、東京都港区)は26日、国内販売モデルの全車電動化が完了したと発表した。セダンモデル「S60」とクロスオーバーモデル「V60クロスカントリー」のガソリンエンジンモデルを廃止し、48ボルトハイブリッドを導入した。これに伴い、内燃機関のみを搭載したモデルの販売は終了した。

 同社は、8月に2020年中に国内で扱う全モデルをプラグインハイブリッド車(PHV)とハイブリッド車(HV)のみにする方針を発表。順次、内燃機関のみ搭載する車両の販売を終了していた。

おすすめのニュース

サイトトップへ