サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ヘイキ・コバライネン、スーパーGTでの活動終了を発表「一番の理由はコロナウイルス」

ここから本文です

 元F1ドライバーであり、2015年からスーパーGTに参戦してきたヘイキ・コバライネンが、スーパーGTでの活動を終了することを発表した。

 2007年にルノーからF1デビューしたコバライネンは、2008年にマクラーレンに移籍し、ハンガリーGPで優勝。その後ロータスに移籍し、F1で合計111レースを戦った。

■【特集】R35 GT-Rラストラン 第1回:本山哲「GT-Rは一番いい思いをさせてもらったクルマ」

 2015年からは活躍の場を日本に移し、LEXUS TEAM SARDの一員に。参戦2戦目の2016年には、RC Fを駆り平手晃平と共にGT500のチャンピオンに輝いた。その後も毎年勝利を重ねていたが、今季は開幕戦岡山と最終戦富士での4位が最高リザルトとなった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ