現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 次期オデッセイはどうなる?ホンダのフラグシップミニバンを予測

ここから本文です

次期オデッセイはどうなる?ホンダのフラグシップミニバンを予測

掲載 32
次期オデッセイはどうなる?ホンダのフラグシップミニバンを予測

 2023年12月に、およそ1年ぶりの日本市場復活となったホンダの名門ミニバン「オデッセイ」。しかしながら、復活したモデルは、販売終了する前のモデルとほぼ同じ仕様、2013年10月に登場という、すでに10年を超えたモデルだ。

 復活させるなら、フルモデルチェンジした新型で復活したほうがインパクトがあったような気もするが、いろいろ事情があるのだろう。いずれにせよ、フルモデルチェンジは近いはず。はたして、次期オデッセイはどのようなモデルとなるのか!?? 期待を込めて予想してみよう。

次期オデッセイはどうなる?ホンダのフラグシップミニバンを予測

文:吉川賢一/写真:HONDA

不安定になりやすいシーンでも安定した走行が可能、また小回り性能が素晴らしい

 オデッセイの国内登録台数は、2024年1月は約1,000台、2月は約1,180台、3月は1,300台、そして4月は820台と、月販目標1,000台に対して、再販売以降、まずまずの成果を上げている。ラージミニバンというと、トヨタ「アルファード/ヴェルファイア」の成功が目立つが、オデッセイもそれなりに売れているのだ。

 そんなオデッセイの最大の魅力は、ミニバンの実用性を備えながら、低く構えたスタイリングやスポーティな走りを楽しめる点だ。1695mmの全高は国産ミニバンの中では際立って低く、走行中にクルマが不安定になりやすいシーンでも安定感があるし、床が低いことは(人にもよるが)乗降性の向上にもつながる。また、2.0L直4のガソリンエンジンに2モーターハイブリッドを組み合わせたe:HEVの出来栄えが素晴らしい。車内に入り込んでくるノイズが非常に少なく、車内は極めて静かで、滑らかで過不足ない動力性能だ。

 特筆すべきは小回り性能だ。オデッセイの最小回転半径はなんと全グレード5.4m。新型アルファードの最小回転半径は全グレード5.9m、エルグランドは全グレード5.7mなので、オデッセイはダントツで優れている。

 ただ、いわゆるミニバンの見下ろすような視界がないことや、廉価な2.4L直4ガソリン車が廃止されてしまったこと、エクステリアデザインの古さが否めなく優越感が少ないため、買う理由が乏しくなってしまっていることは弱み。リアが車軸式(トーションビーム)サスペンションのため、リアからの突き上げショックが大きく、乗り心地が硬いとの指摘もあるが、筆者はあまり気にならない。

2023年12月に復活したオデッセイ。現在はe:HEVモデルのみとなった。価格は税込480万円~516万円

ブラックを基調としたインテリアは質感が高い。また2列目3列目も快適な広さが確保されている

低全高のまま、北米オデッセイ並みの全長とするのはどうか!??

 そんなオデッセイの次期型は、どのようなモデルとなるのが理想なのか。アルファード/ヴェルファイアと真っ向勝負するならば、同サイズの体躯にまで大型化がマストだが、オデッセイはやはり低い全高あってこそ「オデッセイ」であり、ホンダがこのオデッセイの低床・低全高コンセプトを変えてくることは考えにくい。オデッセイはおそらく次期型でも、走りのよさをうたう背の低いミニバンのキャラクターを極める方向へと進んでくるはずだ。

 ただやはり、既存のオデッセイオーナーが買い替えたり、アルファード/ヴェルファイアを好まないミニバン購入希望者を「おっ」と思わせるようなスパイスは欲しいところ。エクステリアデザインが斬新で魅力的であったり、同社の「レジェンド」に搭載された世界初の自動運転レベル3の「トラフィックジャムパイロット」が含まれる「Honda SENSING Elite」の搭載など、従来のオデッセイからの正常進化にとどまらない、なんらかの驚きがあるといいと思う。

 北米には同じ「オデッセイ」の名で、日本のオデッセイ(全長4855mm、全幅1800 /1820mm、全高1695~1725mm)よりもひと回り大きい(全長約5161mm、全幅約1993mm、全高約1734~1767mm)モデルがある。ちなみに、アルファードのボディサイズは全長4995mm、全幅1850mm、全高1935mmなので、アルファードよりも長くて幅広だ。

 ホイールベースも長くなると、最小回転半径は大きくなってしまうだろうが、たとえば、この北米オデッセイのように全長を長くすると、オデッセイらしさは残しつつ低全高ミニバンとしての魅力がさらに向上し、アル/ヴェルとは違うアプローチもできて、いいように思う。価格帯は全然違うが、トヨタセンチュリーのような異様なオーラが醸し出せるといいのかもしれない。

 そしてパワートレインは、ガソリンハイブリッド車(e:HEV)を中心に、プラグインハイブリッドやバッテリーEV、さらにはe:FCEVのグレードを設けることも期待したい。ホンダは、2030年までに全世界でEV/FCEVを200万台強(年間の生産計画)、2040年までに全世界でBEV/FCEV販売比率を100パーセントとすることを目標(2024年5月現在)としている。ぜひオデッセイに、「国産ミニバン初のBEV」の肩書を手に入れてほしいと思う。

ホンダアメリカが販売しているオデッセイ2024モデル。日本向けオデッセイよりもひと回り大きな3列シートの大型ミニバンだ

2024年1月のCESで発表されたホンダ0シリーズの「スペースハブ」。オデッセイとはまた別の乗り物だが、こんなデザイン要素が盛り込まれると、テスラのサイバートラックのようなサプライズを与えることができる!??

スペースハブの室内は、車の中とは思えないほどの圧巻の広さ。対面レイアウトのソファシートに座り、外の景色を眺めながら、家族で会話を楽しむことを想定している

アルファードに勝てる、わかりやすい要素を!!

 ホンダは「アルファード/ヴェルファイアはオデッセイのライバルじゃない」としているが、そうはいってもミニバン購入希望者は両者を比較することになり、そのときひとつでも、その購入希望者が「この点はオデッセイが素晴らしい」と感じることができれば、その購入希望者はオデッセイを選んでくれる可能性がある。従来モデルの「走りがいい」というウリ文句は若干伝わりづらい。パッと見て誰もがわかるような魅力が欲しいのだ。

 はたして、次期オデッセイはどのようなモデルとなって登場するのか、今後が非常に楽しみだ。

【画像ギャラリー】次期オデッセイはこうなる!?? 北米版「オデッセイ」(22枚)

投稿 次期オデッセイはどうなる?ホンダのフラグシップミニバンを予測 は 自動車情報誌「ベストカー」 に最初に表示されました。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

今は無き[エスティマ]値上がりヤバい!! だったら北米の巨大ミニバン[シエナ]日本導入プランは?
今は無き[エスティマ]値上がりヤバい!! だったら北米の巨大ミニバン[シエナ]日本導入プランは?
ベストカーWeb
5ナンバーセダン[ドマーニ]の衝撃!! [シビック]の兄弟車なのに内外装完全オリジナルってマジか!! 
5ナンバーセダン[ドマーニ]の衝撃!! [シビック]の兄弟車なのに内外装完全オリジナルってマジか!! 
ベストカーWeb
新型[フリード]登場でシエンタと何が違う!? 意外にも大きかった3列目の差とは?
新型[フリード]登場でシエンタと何が違う!? 意外にも大きかった3列目の差とは?
ベストカーWeb
新型パジェロとも疑うデキ!! 技術をフルに投入[トライトン]! SUV顔負けのまさか過ぎる性能とは?
新型パジェロとも疑うデキ!! 技術をフルに投入[トライトン]! SUV顔負けのまさか過ぎる性能とは?
ベストカーWeb
新型[プリウス]はもっと”スポーツカー”に!? トヨタが電動化時代もエンジンに注力するワケ
新型[プリウス]はもっと”スポーツカー”に!? トヨタが電動化時代もエンジンに注力するワケ
ベストカーWeb
100万円引きにもなる[クラウンスポーツ]!? 内装の質感が大幅進化に乗り心地がとにかくイイのよ!
100万円引きにもなる[クラウンスポーツ]!? 内装の質感が大幅進化に乗り心地がとにかくイイのよ!
ベストカーWeb
2代目マツダ プレマシーにあった[カラクリシート]ってアイデア優勝じゃない? 2000年代のちょい大きめミニバンが個性満載すぎ
2代目マツダ プレマシーにあった[カラクリシート]ってアイデア優勝じゃない? 2000年代のちょい大きめミニバンが個性満載すぎ
ベストカーWeb
これは…売れる……小さな高級車レクサスLBXが売れまくっている理由
これは…売れる……小さな高級車レクサスLBXが売れまくっている理由
ベストカーWeb
コスパ最強SUVの[WR-V]は4倍の注文!! 爆売れのワケは前代未聞の割り切りにあった!?
コスパ最強SUVの[WR-V]は4倍の注文!! 爆売れのワケは前代未聞の割り切りにあった!?
ベストカーWeb
〝速さ〟だけが高性能モデルの魅力にあらず、新世代レクサスの凄みに脱帽 「LEXUS LBX MORIZO RR」試乗レポート
〝速さ〟だけが高性能モデルの魅力にあらず、新世代レクサスの凄みに脱帽 「LEXUS LBX MORIZO RR」試乗レポート
月刊自家用車WEB
アルファードの買取価格高すぎ!! クルマ好きにあえて人気車種を激推したいワケ
アルファードの買取価格高すぎ!! クルマ好きにあえて人気車種を激推したいワケ
ベストカーWeb
ちょっといいものを買った感がある──新型ホンダ・フリード e_HEVクロスター試乗記
ちょっといいものを買った感がある──新型ホンダ・フリード e_HEVクロスター試乗記
GQ JAPAN
さらば庶民のディーゼル高級車!! [マツダ2]ディーゼル生産終了確定!! いつかまた復活してくれよな
さらば庶民のディーゼル高級車!! [マツダ2]ディーゼル生産終了確定!! いつかまた復活してくれよな
ベストカーWeb
もはやスイスポいらずの完成度!! 新型[スイフト]は値上げも軽量を武器に! 元気な走りを見せる
もはやスイスポいらずの完成度!! 新型[スイフト]は値上げも軽量を武器に! 元気な走りを見せる
ベストカーWeb
使い勝手のよさを追求して進化したホンダの新型「フリード」はコンパクトミニバンの市場をどこまで広げられるか?
使い勝手のよさを追求して進化したホンダの新型「フリード」はコンパクトミニバンの市場をどこまで広げられるか?
@DIME
もはやベース車以上!! 最高にご機嫌な2台の乗り味に悶絶! [クラウンクロスオーバーランドスケープ]と[ポルシェ911ダカール]一気乗りでわかった2台の真実!!
もはやベース車以上!! 最高にご機嫌な2台の乗り味に悶絶! [クラウンクロスオーバーランドスケープ]と[ポルシェ911ダカール]一気乗りでわかった2台の真実!!
ベストカーWeb
[キューブ]ってそんな売れてたっけ!? なのに復活の声多いワケ
[キューブ]ってそんな売れてたっけ!? なのに復活の声多いワケ
ベストカーWeb
[CX-50]がヤバい! ついにマツダSUVにトヨタ製ハイブリッドが搭載された! 日本はいつ? 
[CX-50]がヤバい! ついにマツダSUVにトヨタ製ハイブリッドが搭載された! 日本はいつ? 
ベストカーWeb

みんなのコメント

32件
  • dai********
    今後のホンダに期待する事は、アルヴェルに対抗する事では無くてエスティマ、シエナクラスの車を希望します。
  • 孫悟空
    どうせ売れないなら背が低い独自路線で行ってほしい。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0516.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

17.8562.9万円

中古車を検索
オデッセイの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0516.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

17.8562.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村