サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【7代目へモデルチェンジ】最新メルセデス・ベンツSクラス発表 レベル3の自律運転搭載

ここから本文です

【7代目へモデルチェンジ】最新メルセデス・ベンツSクラス発表 レベル3の自律運転搭載

Aクラスより小回りがきくSクラス

text:Greg Kable(グレッグ・ケーブル)

【画像】メルセデス・ベンツSクラス 全92枚

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)


最新のメルセデス・ベンツSクラスが発表された。メルセデス・ベンツの量産モデルとして、最も先進的な技術を搭載したという。コードネームW223を名乗り、英国での販売は、2021年初めが予定されている。

Sクラスのボディ構造は全面的に再設計を受け、剛性を高めつつ、先代より60kgも車重を削減した。また、レベル3の自律運転や、ガソリンエンジンによるプラグイン・ハイブリッド(PHEV)の性能向上も注目点だろう。

最新のPHEV版、S580eでは、EVモードでWLTP値99kmの航続距離を実現。先代のS560eと比較して、倍以上の航続距離を得ている。

一方で、1992年からの伝統でもある、大排気量エンジンも継続。ツインターボで過給される、6.0LのV型12気筒ガソリンエンジンは、マイバッハで選ぶことが可能となる見込み。

新しいSクラスは4ドアサルーンのみで、ホイールベースは通常版とロング版がラインナップされる。AMGやマイバッハ、プルマンなど上級派生モデルも登場予定。現行のSクラス・クーペとカブリオレは、モデルチェンジの予定はない。

Sクラスには、2種類の後輪操舵システムが用意される。最も小回りがきく設定では、リアタイヤは最大で10度も向きを変える。

これにより、先代のSクラスより1.9mも小さい最小回転直径を叶えている。ハッチバックのAクラスより小回りがきく。また、高速域での安定性も向上させている。

レベル3の自律運転システムを搭載

59km/h以下の速度域で、レベル3に相当する自律運転を実現していることも特長。メルセデス・ベンツ製のモデルとしては、初めてだ。

ドライブ・パイロットと呼ばれるシステムで、複数のセンサーと同時に、レーザー光によるライダー(LIDAR)を採用する。こちらは少し遅れて、2021年後半からの導入予定となっている。

メルセデス・ベンツによれば、渋滞時や高速道路での適切な条件下において、ハンズオフでの走行が可能だという。ステアリングホイールにはLEDライトが内蔵され、ドライバーへ運転の交代が必要になった場合は、点灯して知らせる。

ドライブ・パイロットとして、レベル4相当の自律運転技術を採用したインテリジェント・パーク・パイロットという機能も搭載している。利用が許可されている国では、ドライバーはスマートフォンを用いて、クルマの外からリモートでSクラスの駐車操作が可能だという。

さらにSクラスの新技術で取り上げたいのが、オプション装備となるデジタルライト機能。片側で130万画素の高精細な光を照射するLED3灯によるヘッドライトで、安全性を高めるために、路面へ警告記号などの投影が可能となっている。

新しいSクラスは、無線でのソフトウエア・アップデート機能も搭載する。また、純EV版となるEQ Sも登場予定。テスラ・モデルSや、間もなく登場予定のBMW i7などと競うことになる。

大きくなったグリルに、滑らかなボディライン

最新のSクラスは、全面的にデザインが新しくなった。流れるようなCピラーの造形は先代と重なる雰囲気ながら、ボディはスムーズさを増している。

フロントグリルは大きくなり、ヘッドライトはスリムに。水平基調のテールライトは、テールゲートにまで伸びている。雰囲気はCLSにも似ていると思う。

ボディサイズは、ロング・ホイールベース版で全長が34mm伸び、5255mm。全幅は55mm広くなり1954mm、全高は12mm高くなり1503mmとなっている。荷室容量は20L増え、550Lだ。

ドアハンドルは、標準ではボディに固定されたグリップタイプだが、オプションで電動のポップアップ・ハンドルも選ぶことが可能。通常はボディ表面と一体となり、滑らかなボディラインを強調してくれる。

空気抵抗は向上しており、先代のCd値0.24から、0.22へと小さくなっている。

インテリアは、新デザインのダッシュボードに、4つの送風口が並ぶ。メーターパネルは12.3インチのモニター式で、オプションで3D機能も選べる。センターモニターは、11.9インチの縦長タイプ。タッチモニターで、エアコンの操作もモニター上で行う。

リアシート用として、11.6インチのタッチモニターをフロントシートの背面に取り付けることも可能だ。

当初Sクラスにラインナップされるエンジンは、先代の6代目からキャリーオーバーとなる2種類の6気筒。モデルグレードとしては、4種類が用意される。

当初は3.0Lガソリンと2.9Lディーゼルから

3.0Lターボガソリンはマイルド・ハイブリッドで、S450では367ps、S500では435psを発揮。スターター・ジェネレーターが21psをアシストし、燃費を向上させてくれる。トランスミッションは、9速ATが組み合わされる。

また2.9Lのターボディーゼルも用意され、S350dで386ps、S400dで329psを生み出す。S350dでは後輪駆動が選べるが、ほかのグレードは四輪駆動が標準となる。

PHEV版のS580eは、3.0Lの直列6気筒ガソリンエンジンに、トランスミッション内臓のモーターを結合。システム総合での最高出力は517psを得ている。バッテリーは28kWhのリチウムイオンだ。

4.0L V8ターボエンジンにマイルド・ハイブリッドを組み合わせ、507psを発揮するS580も追って登場する。メルセデスAMG版も、もちろん控えている。S63e 4マティック+とS73e 4マティック+となる予定だが、2021年半ばまでは英国への導入はないだろう。

詳細は未定ながら、AMG版には4.0LのツインターボV8ガソリンエンジンが搭載されることを、AUTOCARでは確認している。そこへ電圧400Vで稼働する電気モーターと、20kWh程度のリチウムイオン・バッテリーが組み合わされる。

システム総合での最高出力は、S63eで700psに近いようだ。またS73eでは、816psになる模様。これまでで最も強力なSクラスになるだろう。

V型12気筒のマイバッハは、11月に中国での発表が予定されている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します