サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 建機の遠隔操作「Catコマンドステーション」…複数のマシンを切り替え可能

ここから本文です
キャタピラージャパン合同会社は、建設現場の未来の働き方を提案するキャタピラー次世代マシン用の遠隔操作テクノロジ「CatCommand(Catコマンド)ステーション」を2022年に発売する。キャタピラージャパンが5月12日、発表した。

CatCommandステーションは、2020年に発売した油圧ショベル対応遠隔操作アタッチメント「CatCommand(Catコマンド)」を発展させた、遠隔操作ソリューションだ。次世代マシンに標準装備されたセミオートによる生産性の高い作業と、リアルタイムでのマシンの状態監視が可能だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン