サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型「208」や「リフター」がやってくる!プジョーが日本未発売のモデルを六本木ヒルズに展示

ここから本文です

新型「208」や「リフター」がやってくる!プジョーが日本未発売のモデルを六本木ヒルズに展示

■新型「208」、EVの「e-208」、「リフター」など日本導入予定のクルマを多数展示

 プジョー・シトロエン・ジャポンは、2019年10月19日から26日にわたり、独自のプジョーブランド体感イベント「PEUGEOT SHOW 2019ーUNBORING THE FUTUREー(プジョーショー2019 アンボーリング・ザ・フューチャー)」を、東京・港区にある六本木ヒルズの大屋根プラザ、およびヒルズカフェ/スペースにて開催します。

なぜホンダの技術はマネされない? 他社が「センタータンク」採用しない理由

 展示モデルとして注目は、2019年3月にスイスで開催されたジュネーブ国際ショーにてワールドプレミアされたコンパクトカーの新型「208」。日本初公開となる新型208は、新しいプラットフォームCMPを採用、最新の先進運転支援機能と環境性能、走行性能を誇るといいます。

 日本導入は2020年下半期上旬を予定しています。

 また、同時に世界初公開されたフルEV「e-208」も展示。これは136馬力/340Nmを発生するモーター、50kWh容量のバッテリーを搭載した電気自動車で、1回の充電で最大340km(WLTP)の走行が可能です。日本導入は新型208と同様、2020年下半期上旬を予定しています。

 また、2018年の欧州デビュー以来、日本導入が期待されている新コンセプトMPV「RIFTER(リフター)」の欧州仕様も展示されます。

 リフターは独特のSUVのようなスタイルと走行性能、利便性あふれるスペース、高い実用性から、アウトドアアクティビティにおける活躍が期待されています。308や3008、5008で定評あるプラットフォーム「EMP2」を採用したことによる最新の安全装備と快適装備により、注目されています。

 2020年夏の日本本格導入に先駆け、2019年10月18日にリフターのデビューエディションが発表される予定です。

 その他、イベントでは「508」GT ブルーHDiや「5008」GT ブルーHDi、「308」テックパックエディションが展示されるほか、「508SW」「3008」GTライン、「308SW」テックパックエディションが試乗車として用意されます。試乗は11時から18時の間で30分の枠になり、申し込みは当日会場にておこなわれます。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します