サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【トヨタ ランドクルーザー 新型】ジェイテクトの第3世代円すいころ軸受ハブユニットを日本初採用

ここから本文です
ジェイテクトは、「トルセンLSD タイプB」、「トルセンLSDタイプC」、「第3世代円すいころ軸受ハブユニット」がトヨタ自動車の新型『ランドクルーザー』に搭載されたと発表した。

トルセンLSDとは、自動車の旋回時に左右輪もしくは前後輪のトルクを最適配分する駆動装置であるLSD(リミテッドスリップデフ)の一種。タイプBは左右輪の、タイプCは前後輪のトルク配分を最適化する。ハブユニットは車輛とタイヤを繋ぐホイール部に使用。車の重量を支え、外部からの負荷を受けながらタイヤを円滑に回転させる。

おすすめのニュース

サイトトップへ