サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > “巨大キドニーグリル”じゃない!? BMWの超高級EVセダン「i7」プロトタイプ公開 2022年登場予定

ここから本文です

“巨大キドニーグリル”じゃない!? BMWの超高級EVセダン「i7」プロトタイプ公開 2022年登場予定

■通常の横長キドニーグリルを採用!?

 独BMWは2021年12月1日、来年2022年中に発売される予定の新型フラッグシップEV(電気自動車)セダン「i7」の冬季テストの様子を公開しました。

【画像】BMWの次期型フラッグシップEV「i7」を画像を見る(20枚)

 i7は現在、スウェーデン・アリエプローグにあるBMWグループの冬季テストセンターにおいて、ドライビングダイナミックテストがおこなわれています。アリエプローグは北極圏からわずか数kmという場所にあり、厳しい寒さのなかでサスペンションの最終調整をおこなっているといいます。

 i7は次期型7シリーズに用意されるEVで、ほかにガソリン/ディーゼルモデルやPHEVもラインナップされる予定です。

 この次期型7シリーズのために開発されたサスペンションやステアリング、ブレーキシステム、ドライビングダイナミクスや車両安定システムは、BMWのフラッグシップセダンにスポーティさと乗り心地のバランスをこれまでにないレベルに引上げるように設定されているとのことです。

 冬のプログラムでは、とくに電気駆動システムの耐久にも焦点を当てています。高電圧バッテリーや充電技術、モーター、バッテリー、温度制御システムなどが、スウェーデン北部の極度な氷点下でテストされています。

 i7の詳細なスペックは明らかになっていませんが、新型SUVタイプのEV「iX」と同じ第5世代のBMW eDriveを採用しています。

 先日、日本でも発売されたiXには、システム最高出力240kW・最大トルク630Nm、リチウムイオン電池容量232Ahで一充電走行距離は450kmの「iX xDrive 40」と、システム最高出力385kW・最大トルク765Nm、リチウムイオン電池容量303Ah、一充電走行距離は650kmの「iX xDrive 50」がありますが、i7もおそらく同様のスペックで登場すると予想されます。

※ ※ ※

 ボディデザインは艤装されているため詳細はわかりませんが、写真を見る限りは「4シリーズ」や「iX」、そして先日発表された「コンセプトXM」のような巨大な縦型キドニーグリルの採用は見送られているようで、従来のBMWのような横長のグリルのように見えます。

 i7は2022年中に発表され、2022年年末から生産が開始される予定です。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します