サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 東京駅・銀座・日本橋エリアで電動キックボードシェアサービス開始

ここから本文です
Luup(ループ)は10月11日、電動キックボードを用いた短距離移動シェアサービス「LUUP」の提供を、東京駅・銀座・日本橋エリアで開始した。

10月7日夜、最大震度5強の地震により、首都圏の公共交通網は麻痺。その時帰宅困難者を救ったシェアサイクルなど、モビリティシェアリングが今、注目を集めている。LUUPとは、街じゅうの電動マイクロモビリティに、どこからでも乗れて好きな場所に返せるシェアリングサービス。自社開発の小型電動アシスト自転車「ループサイクル・ライト」で2020年5月よりサービスを開始。

おすすめのニュース

サイトトップへ