サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > おぉぉこれもしかして「RZ」……!? 「XSR900」に2020年モデル 80年代の流行イメージをビッと再現

ここから本文です

おぉぉこれもしかして「RZ」……!? 「XSR900」に2020年モデル 80年代の流行イメージをビッと再現

おぉぉこれもしかして「RZ」……!? 「XSR900」に2020年モデル 80年代の流行イメージをビッと再現

 ヤマハ発動機は2月6日、900ccエンジンのネオレトロモデル「XSR900 ABS」の2020年モデルを発表。2020年2月25日に発売します。価格は106万1500円(税込)からです。

 XSR900 ABSは「The Performance Retro-ster」をコンセプトに開発された1980年代風レトロスタイルが魅力のモデル。900cc直列3気筒エンジンを備える現代スタイルのスポーツバイク「MT-09」をベースに、丸目ライトとアルミステー、ニーグリップ部をえぐった丸みのあるタンク、バーハンドル、剥き出しのラジエータなど、当時のネイキッドスポーツモデルの基本スタイルを細かく取り入れて「雰囲気は当時/中見は最新」を実現しました。

【画像39枚】ヤマハ「XSR900」フォトギャラリー

 今回の2020年刷新モデルは「ヘッドランプの機能向上」と「カラーリングのアップデート」がポイントです。新たに「ラジカルホワイト」を設定しました。

 新色のラジカルホワイトは、ホワイトをベースに上部を太い赤と細い黒の縦ラインをあしらい、1980年代に流行したスポーツモデルのイメージを再現しました。白×赤ラインのタンクカラーはあの「RZ250R」を思い出してしまいます。車格は少し違いますが……。既存のグレー×黒の2トーン「マットグレーメタリック3」も継続販売します。

 エンジンは845cc4ストローク直列3気筒エンジンで、最高出力116馬力(85kW)、最大トルク8.9kgf-m(87Nm)を発生。車体サイズは2075(全長)×815(幅)×1140(高さ)ミリ、シート高は830ミリ、重量は195キロ。タンク容量は14リットルで、燃費性能はWMTCモード値でリッター19.7キロです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します