サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヤマハ「セロー250」ヒストリーガイド【名車の歴史】マウンテントレールとして独自の世界観を切り開いたSEROWの系譜

ここから本文です
225は20年、250は15年、これまで35年に渡り林道走行やツーリング、通勤通学などマルチに親しまれてきたセローが、現行型の生産終了を発表。同時に特別なカラーリングが施されたファイナルエディションも用意された。

ヤマハ「セロー」誕生の歴史
原点回帰の初代カラーで、現行仕様の最終型を彩る
二輪二足で山に分け入る「マウンテントレール」というコンセプトで初代セロー225が登場したのは1985年。それまでヤマハではDTとXTが高性能を競い合っていたが、優位は2ストロークのDT。

おすすめのニュース

サイトトップへ