サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱自 加藤社長「何が何でも黒字化を達成」…今期300億円の営業利益を予想

ここから本文です

三菱自動車工業は5月11日、2021年3月期の連結決算をオンライン会見で発表した。コロナ禍の影響や構造改革に伴う販売抑制などで営業損益は953億円の赤字(20年3月期は128億円の黒字)となった。

咋年度から3か年で進めている中期経営計画に基づく構造改革の着実な推進や新型『アウトランダー』の貢献などで、今期(22年3月期)の営業利益は300億円と2期ぶりの黒字転換を目指す。

前期のグローバル販売は、コロナ禍の影響などで29%減の80万1000台にとどまった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン