サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 警告を発して加速を抑制 スバル、既存車に後付けできる「ペダル踏み間違い」対策装置を発売

ここから本文です

警告を発して加速を抑制 スバル、既存車に後付けできる「ペダル踏み間違い」対策装置を発売

警告を発して加速を抑制 スバル、既存車に後付けできる「ペダル踏み間違い」対策装置を発売

 SUBARU(スバル)は2020年5月29日、アクセルとブレーキの踏み間違いに対応した、既存の車両に後付けタイプの加速抑制装置を発売しました。

 「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」は、時速約10キロ以下で前後約3メートル以内に障害物を検知すると、ランプとブザーで警告を発します。それでもアクセルを強く踏み込んだ場合、加速を抑制をしてくれるという機能です。

スバルとSUBARUで奇跡のコラボ 「ホロライブ」大空スバル推し痛車「サンバー」が解釈一致すぎる

 装置を適用できるのは計6車種のスバル車。「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」と「ペダル踏み間違い時加速抑制装置 つくつく防止」の2種類があります。

 インプレッサ、SUBARU XVの2車種に対応する「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」では、後退時に、時速約5キロ以上でアクセルを強く踏んだ時や、アクセルを踏んだまま時速約5キロを超えた時にも警告と加速抑制を行います。

 スバルの運転支援システム「アイサイト」および「スマートアシスト」を装着していない車に限られ、価格は「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」で5万6100円(税込、以下同)、「ペダル踏み間違い時加速抑制装置 つくつく防止」で3万5200円です。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します