サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 安くて小さくて乗りやすい、しかも流行りのSUV! 売れる要素しかない「トヨタ ライズ」の強さを再検証

ここから本文です
国内のトヨタ車でも最大サイズのSUVである新型ランドクルーザー300が発表されたばかりだが、いっぽうでトヨタは、最小サイズのSUVもラインナップしている。その名は「ライズ」。排気量は1リッター、全長は4メートル弱、車両重量は1トン未満(FF)で、軽を除けば世界でも最も小さくて軽いSUVのひとつだろう。もちろん価格も安く200万円前後で手に入るのだから、売れないはずがない。日本の道路事情にもぴったりマッチした「トヨタ ライズ」が人気を集める理由を改めてご紹介しよう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン