サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスの反対でリバースグリッド案は実現せず。しかし「今後もアイデアは考え続ける」とF1 CEOチェイス・キャリー

ここから本文です
 先日2020年シーズン序盤戦のカレンダーを発表したF1。レッドブルリンクとシルバーストンではそれぞれ2レースの開催が予定されているが、F1のCEOであるチェイス・キャリーはこれらの2戦目を盛り上げるために、リバースグリッドによる予選レースの実施を提案していた。

 ランキングを逆順にしたグリッドで30分間の予選レースを行ない、決勝レースのグリッドを決めるという方式は多くのチームからの支持を集めたものの、メルセデスがこれに断固として反対。シーズン中の規則変更には全チームの承認が必要であるため、リバースグリッド案は採用されないこととなった。

おすすめのニュース

サイトトップへ