サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ダイハツ「タフト」出足好調 1カ月受注が月販目標の4.5倍 ターボ車が4割

ここから本文です
 ダイハツ工業は10日、新型軽クロスオーバー「タフト」の受注台数が発売1カ月で月販目標台数(4千台)の4・5倍となる約1万8千台に達したと発表した。新型コロナウイルスの影響によって新車需要が低迷する中での発売となったが、人気カテゴリーに満を持して投入した新型車とあって、昨年7月に発売した「タント」を上回る倍率の受注を獲得した。

 受注の内訳は、ターボ車が40%だった。4WD比率は25%となり、同社の軽乗用車平均(2019年実績)の16%に比べて高い水準となった。力強い印象を与えるフロントグリルなどをセットにしたディーラーオプション「メッキパック」の装着率は約5割となった。

おすすめのニュース

サイトトップへ