サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ヤマハ、2050年までにカーボンニュートラル目指す…新領域モビリティや電動バイクで

ここから本文です
ヤマハ発動機は7月19日、2050年までに製品ライフサイクル全体のカーボンニュートラルを目指す新たな環境目標を発表した。2050年に2010年比でCO2排出量50%に削減するとしていたこれまでの目標を、カーボンニュートラルへ見直した。

ヤマハ発動機の日高祥博社長は同日、オンラインを通じて行った環境技術説明会で「ライフサイクルCO2排出量を(2010年実績に対し)2030年に24%、2035年に38%の削減を目指し、2050年までに90%削減する目標を設定した」と述べた。残りの10%分に関しては「国際的に認められた方法でオフセットする」としている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン