サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】ロッシこそ現代MotoGPライダーの先駆け。42歳26年目のレジェンド「レースで感じる感覚が、現役を続ける理由」

ここから本文です
 1996年に125ccクラスからロードレース世界選手権にデビューしたバレンティーノ・ロッシは、2021年で26年目のシーズンを迎えている。彼は自分が現代のMotoGPライダーとしての先駆けになり、今日のライダーたちにとっての教訓になったと考えている。

 これまでに9度の世界タイトル獲得経験を持つロッシ。彼は2000年に最高峰クラス(当時は2ストローク500cc)へ足を踏み入れると、その後のMotoGPへの名称変更やレギュレーション変更を余すこと無く経験しつつも現役を継続。その後の若手ライダーに大きな影響を与えてきた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン