サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヤマハ発動機、ミドルクラスLMW『トリシティ300』を出展予定…EICMA 2019

ここから本文です

ヤマハ発動機は、LMWテクノロジー搭載モデル第4弾となるシティーコミューター『トリシティ300』を、11月5日にイタリアで開幕する「ミラノモーターサイクルショー2019」(EICMA 2019)に出展する。

トリシティ300は「The Smartest Commuting Way」をコンセプトに開発した、LMWのミドルクラスに位置するモデル。東京モーターショー2019で世界初公開した。

LMW機構は、大型スポーツモデル『ナイケン』で実績のある操舵軸とリーン軸をオフセットする「LMWアッカーマン・ジオメトリ」を採用し、新たに専用設計。