サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 軽バンタイプの「ジムニー」!? フェイスチェンジで「ジムリィ」爆誕

ここから本文です

軽バンタイプの「ジムニー」!? フェイスチェンジで「ジムリィ」爆誕

■乗降性が良くて荷室が広い「ジムニー」って何?

 2020年1月10日から幕張メッセで開催されている東京オートサロン2020では、多くのカスタムカーが登場しました。

【画像】荷室が広いジムニー爆誕!? カスタム軽バン「ジムリィ」とは?

 とくに、2018年7月に20年ぶりにフルモデルチェンジしたスズキ「ジムニー」をベースにしたカスタムカーが人気で、たくさんのカスタムジムニーが展示されています。

 そのなかでも異色だったのは、「Jimry(ジムリィ)」というカスタムカーです。顔面はジムニーなのに、スライドドアを備えたバンタイプのジムリィとは、いったい何者なのでしょうか。

 ジムリィは、スズキの軽バン「エブリイ(DA17V)」に、現行ジムニーの顔を移植したものです。

 フロントグリルやヘッドライト、ウインカーなどはジムニーの純正パーツを用いて、フロントフェンダーやフロントバンパー、ボンネット、コアサポートを含む「ジムリィフェイスキット」、アフターパーツとしてネオチューンショック、アップサスペンション、H4ヘッドランプユニットを装着した新車コンプリートカーです。

 ジムニーに比べると、エブリイは走破性では敵わないものの、スライドドアによる乗降性の良さや荷室の積載性など、クルマの機能としては優位性があります。

 とくにジムニーは、2ドアのため、後席への乗り降りがしづらかったり、荷室が狭いというデメリットがあり、ジムニーのデザインは好みだけど機能性も重視したいという人には、ジムリィという選択肢もアリなのではないでしょうか。

 ジムリィを開発販売するS2racing(エスツーレーシング)の担当者は、次のように話します。

「もともとは、軽トラの『キャリイ』や『スーパーキャリイ』をジムニー顔にしようと試行錯誤したのですが、軽トラはボンネットがないので実現しませんでした。そのため、狭いながらもボンネットがあるエブリイをベースに、ジムニー顔を実現することにしました。

 内装をデニム生地にしたり、ルーフにテントを載せたり、リフトアップなど、さまざまなカスタムを施すことも可能です」

※ ※ ※

 カスタムカーというと派手なエアロパーツを装着したクルマをイメージしがちですが、ジムリィのような遊び心のあるカスタムも楽しめます。

 ジムリィは、コンプリートカーとしても、車両を持ち込んでパーツ単体でも購入可能です。価格(消費税抜)は、車両本体込で120万円から、ジムリィフェイスキット単体では24万8000円となります(ジムニー純正パーツは含まれていません)。

 また、乗用のエブリイワゴンもジムニー顔にフェイスチェンジすることが可能で、内装の質感を重視する人にはこちらがオススメとのことです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します