サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「FD3Sはまだまだ進化できる!」13Bエンジンの限界に挑む650馬力のツインターボ仕様

ここから本文です

ファイバー補強でボディ剛性も十分!

速さと扱いやすさに拘ったフルチューンRX-7

「もはや公道を走るスーパーGTマシン!」最強すぎるメルセデスAMG GT改ワイドボディ仕様

ロータリーチューンの名門“RSパンテーラ(佐藤商会)”が、「究極のFD3Sストリート仕様」をテーマに作り上げた13B改ブリッジポート+GTX3076Rツインターボ仕様の登場だ。

ツインターボの発端となったのは、RSパンテーラが歴代作り上げてきた13Bチューンの中で、GT3037ツインのドラッグ仕様が最もフィーリングが良かったという経験から。再びツインターボにチャレンジするにあたって、サイズ的にも同等で設計も新しいGTX3076R Gen2をチョイスした。

おすすめのニュース

サイトトップへ