サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > SUVを探す際、「スバル XV」と「マツダ CX-30」に注目したい理由

ここから本文です

SUVを探す際、「スバル XV」と「マツダ CX-30」に注目したい理由

駐車場に困らないボディサイズ
クルマ選びをする際に、いま候補に挙がりやすいのはSUVだろう。居住性や積載性に優れるSUVは1台で日常からレジャーまで幅広くこなせ、ライフスタイルの幅を広げてくれるはず。現在その種類は多岐にわたり、コンパクトモデルから大型モデルまで百花繚乱。そうしたなか、SUVが欲しいけど、大きなクルマは避けたい。今回はそんなSUVエントリーユーザーにおすすめの2モデルをピックアップしてみた。「スバル XV」と「マツダ CX-30」だ。

なぜおすすめかというと、第一はボディサイズ。SUVのネガティブな要素を考えた時に、筆頭に挙げられるのが駐車場事情だ。自宅が立体駐車場の場合は多くの車庫は車高1550mm以下に限られる。自宅が立体でなくても、仕事などで頻繁にクルマを利用し、様々な場所を訪れるユーザーは、この車高1550mm以下の車種を選んでおけば、駐車場で困ることはほとんどないはずだ。また、この2台は全高以外も大き過ぎずにSUVとしては扱いやすいサイズだ。

>>スバル XVのおすすめグレードとユーザーの評価を見てみる

具体的には、XVが全長4485mm×全幅1800mm×全高1550mm、CX-30が同4395mm×1795mm×1540mmで、2台とも似たようなサイズ感だ。

個性的なパワートレインも特徴
価格帯はXVが220万円~295万9000円、CX-30が239万2500円~371万3600円。ディーゼルモデルや自己着火型と呼ばれる新技術のガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を採用したハイブリッドモデルの設定があるCX-30の方が高価格に寄っているが、両車ともボリュームゾーンは200万円台前半~300万円となる。

パワートレインの個性はXVも負けておらず、全車スバル独自の水平対向4気筒ユニットを採用。ボクサーユニットならではの低重心に加え、2.0Lユニットには電動モーターを組み合わせたハイブリッド「e-BOXER」を採用することで、良好な発進加速と低燃費を実現している。つまり、両車そろっての魅力は個性的なパワートレインということができ、水平対向に魅力を感じればXV、ディーゼルやSKYACTIV-Xに惹かれればCX-30を選択することになる。

燃費やリセールバリューは?
さらに、XVは全車AWDであることもアピールポイントで、頻繁にキャンプや未舗装地に出かけたいという人はこの点に注目すべきだろう。もうひとつ、こだわり派に向けてCX-30にはMT車の選択肢が残されていることも付け加えておきたい。燃費(WLTCモード)はXVが最高15.0km/L、CX-30が19.5km/Lという水準だ。

取り回しのいいボディサイズと個性的なパワートレインが魅力のスバル XVとマツダ CX-30。ちなみに、中古車相場で両モデルのリセールは「トヨタ C-HR」などのライバルにまったく引けを取らないから、その点も安心材料となりそうだ。

※記事内の燃費について間違いがありました。お詫びして訂正いたします。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します