サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 計画遅延中の電動GT選手権『EPCS』シリーズ、「プランは今も生きている」とCEO

ここから本文です
 世界初の『エレクトリックGT』としてシリーズ構想がアナウンスされ、のちにFIA公認チャンピオンシップにも指定されたEGTシリーズ。その後『EPCSエレクトリック・プロダクション・カー・シリーズ』へと名称が変わった同シリーズは2018年のシリーズラウンチ発表以降、情報公開がない状態が続いている。しかし選手権のCEOを務めるマーク・ゲメルは、「投資家との資金調達協議を進行中」で「計画はまだ生きている」と語った。

おすすめのニュース

サイトトップへ