サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 愛知県の2021年度自動運転実証実験計画、名古屋市内や常滑市など 幹線道路で混走

ここから本文です
 愛知県の大村秀章知事は7日の記者会見で、2021年度の自動運転車の実証実験計画を発表した。「レベル3相当」の小型バスなどを利用し、まず8月をめどに名古屋市内で一般車両との混在交通で自動走行を試す。さらに常滑市では、遠隔監視を取り入れたシステムを実験する。これらによって自動運転の社会実装を後押しし、早期の活用につなげていく。

 名古屋市内では名古屋工業大学やJR鶴舞駅、イオンタウン千種の周辺という交通量が多い幹線道路のあるエリアで試験する。同実験に初参加する高速バス大手のウィラー(村瀨茂高代表取締役、大阪市北区)が幹事会社を務め、る。

おすすめのニュース

サイトトップへ