サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 半導体不足で7月も操業停止相次ぐ、ダイハツは滋賀第2工場で「ロッキー/ライズ」「タント」など2日間停止

ここから本文です

 ダイハツ工業は21日、半導体不足の影響で7月も滋賀第2工場(滋賀県竜王町)の稼働を一時停止すると発表した。7月12日と19日の2日間にわたって稼働を止める。ダイハツが操業停止日を設けるのは6月に続いて2カ月連続になる。そのほか、複数の自動車メーカーが7月に操業を停止する方針で、半導体不足の影響が長引いている。

 ダイハツの滋賀第2工場は、「ロッキー」「タント」「ムーヴキャンバス」を生産する拠点。同工場は半導体不足の影響で、6月14日にも稼働を停止していた。

自動車メーカー各社、広がる半導体不足の影響 納車遅れや新型車の発売延期

 7月はダイハツのほか、スズキやスバルも操業停止日を設ける予定だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ