サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダの名機「ロータリー・エンジン」がスポーツカーに最適な理由とは

ここから本文です

初の量産エンジンはコスモスポーツに搭載 

 ドイツの技術者、フェリックス・ヴァンケル博士が考案しドイツのメーカー「NSU」と共同で開発したエンジンが「ヴァンケル・エンジン」。日本国内では「ロータリー・エンジン(RE)」と言った方が通りが良いのですが、海外ではヴァンケル・エンジンと呼ぶのが一般的です。

「赤いコスモ」「赤いファミリア」 マツダ車が”赤”をイメージカラーにする理由とは

  NSUとヴァンケル博士から、その基本特許を得てマツダ(当時は前身の東洋工業)が製品化。1967年に登場したコスモスポーツに搭載されたことで、”RE”は初めて商品化されました。

 以来半世紀余り。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン